セラピストインタビュー

日本メンズセラピスト協会認定サロンのセラピストインタビューをご紹介します。セラピストを始めたキッカケや苦労話、セラピストの喜びなどを語っていただきます


Kismet Cross  キスメットクロス
代表  水野  久(Hisashi  Mizuno)



Plumeria  プルメリア
代表  飯島  彰忍(Akinobu  Iijima)



relaxation aimu  リラクゼーション アイム
店長  敷地  広明(Hiroaki  Shikidi)



Kismet Cross  キスメットクロス
代表  水野  久(Hisashi  Mizuno)

 

━━━ 宜しくお願いします。まず男性セラピストを始めたキッカケを教えてください。

  • 友人の一言がきっかけです。以前、化粧品メーカーの営業のお仕事していたときに『営業よりも接客業の方が向いているのではないか?』と言われ接客業に興味を持ちました。たまたまマッサージをした時に、凄い喜ばれたので男性でもそういうお仕事があるのかな?と色々調べました。

 
 
━━━ 確かに水野さんの素晴らしい人柄を見るていると、接客業に向いていると感じます。キスメットクロスの特徴やこだわりを教えて下さい。

  • まずはメンズセラピストのサロンというところです。日本でもっとメンズセラピストが一般的になるようにして行きたいと思っております。健康という部分で<月に一度の身体のメンテナンス>が当たり前の時代になるようにという思いがあります。身体だけじゃなく心もメンテナンスしてアロマをもっと身近に感じて欲しいです。

 
 
━━━ 心と身体のメンテナンスは本当に大切ですね。多くの人の心身を癒してる水野さんですが、男性セラピストとして何か苦労などはありましたか?

  • まだまだ男性が女性にトリートメントするのは一般的ではないので、そういう意味では、もちろん今でも苦労しております。(笑)

 
 
━━━ そうですよね、男性セラピストは色々と気を遣いますからね。特にここを気を付けているところはありますか?

  • せっかくご来店して下さったお客様には、【距離感と空気感】を大事にして失礼のない態度やリラックスできる空間を意識して喜んで頂きたいと思ってます。
  • またセラピストとしては【清潔感・笑顔・誠実さ】には気を付けております。

 
 
━━━ まさに!【清潔感・笑顔・誠実さ】がにじみ出ておりますね。セラピストとして非常に大切なポイントです!サロンもトイレや玄関など細部にもこだわりを感じます。そんな素敵なセラピストの水野さんの喜びとは何ですか?

  • トリートメントが終わった時に、ご来店時とは違った柔らかい表情を見せてもらった時です。そして身体が楽になったと喜んで頂き、自分の必要性を感じたときには、本当に嬉しいです。これからも人の役に立つ仕事として誇りを持って頑張ります!

 
 
━━━ 同じセラピストとして、非常に共感できます。これからも共にこの業界を盛り上げて行きましょう!!お忙しいところありがとうございました。
 

 
 

Plumeria  プルメリア
代表  飯島  彰忍(Akinobu  Iijima)

サロン情報はこちらから

 
━━━ いつも飯島さんには協会の活動にご協力、ご参加頂き、誠にありがとうございます。本日は宜しくお願いします。最初に男性セラピストを始められたキッカケを教えてください。
  • 音楽大学までトランペットを専門に学んでいまして、人を喜ばせることが好きだったというのがきっかけです。また、私自身以前からアロマトリートメントを受けることが好きで、多くのサロンに行きましたが男性がやっていらっしゃるのが少なく感じ、是非やってみたいと思いました。現在は 高齢者介護施設で音楽療法のボランティア活動もしております。
 
 
━━━ 素晴らしいですね。今年2月に行った協会のボランティア活動も飯島さんのご紹介の介護施設でした。ありがとうございました。とても素敵なサロンですがコンセプトを教えて下さい。
  • はい、【Plumeria】は【バリ】をコンセプトにしております。同じバリ風でも趣きの異なる2つの部屋をご用意しております。また同じ部屋でお二人同時に施術可能なので、カップルやご夫婦、女性のお友達同士に大変ご好評頂いております。お二人の記念日や特別な日等にご利用いただき、多くの皆さまに喜ばれています。
 
 
━━━ バリにいるような落ち着いた雰囲気の素敵なサロンですね。しかも同じ部屋でお二人同時に施術を受けられるのも仲の良いお二人には嬉しいですよね。とてもコンセプトがしっかりされていて取材なども多そうですね。
  • そうですね。よく撮影などにご利用いただいております。【テラスハウス】のてっちゃんとAKBの北原里英がサプライズデートでご来店されました。番組で放送されて雑誌にも掲載されました。また今後もテレビの撮影の予定があります。
 
 
━━━ すごいですね!!素敵なサロンなんで納得です。飯島さんが普段から気を付けていることはございますか?
  • リラックスできる空間創りです。また別々のお客様同士がバッティングしないように、ご予約の取り方にも気を付けております。隣のお客様を気にすることなく、施術中はゆっくりとリラックスしていただけるよう努めております。
 
 
━━━ リラックスして施術を受ける事は大切ですね。では最後に飯島さんにとってセラピストになって嬉しかったことを教えて下さい。
  • ベタですが施術が終わった際に、とても癒されたと喜んでいただけたことや、嬉しい口コミが自分の喜びです。 またアロマトリートメントを初めて受けるお客様が『気持ち良かった』とアロマトリートメントを好きになってくれると非常に嬉しくなります。
 
 
━━━ セラピストとしてのやりがいや一番のご褒美ですよね。その一言で、セラピストが癒されますよね。これからも共にこの業界を盛り上げて行きましょう!!ありがとうございました。
 
 
 

relaxation aimu  リラクゼーション アイム
店長  敷地  広明(Hiroaki  Shikidi)
サロン情報はこちらから
 
━━━ 敷地さん、本日は宜しくお願いします。まず最初に男性セラピストを始められたキッカケを教えてください。
  • 大学生の頃から飢餓をなくしたいという思いが強くあり、就職先を食やインフラ整備の会社に絞り就活していました。その最中で色々悩んでいる時期に、たくさんの人に相談して自分に向いている仕事等、色々相談をしたところ、自分には【白い、クリーンな仕事】が似合うと言われ、色々自分がしたいことを考えてるうちにリラクゼーションに出会いました。学んでいくうちにこの予防学や新しい業界に惹かれて行きました。

 
 
━━━ 人を癒していく仕事は、ダイレクトの喜びを感じ取れるので嬉しいですよね。リラクゼーションサロン【aimu】はどのように名付けられたのですか?

  • 自分はもともと漢字が好きで、無限の可能性を信じることは仏とおなじく、この「仏」という漢字からヒントを得て、名付けました。「ありのままの自分が心底、素晴らしい」という思いで、【あなたらしく あたらしく よりあなたらしく】ほんの少しでもあたらしく良く変わり、より素敵な自分になれるサロンを目指して名付けました。

 
 
━━━ 敷地さんの想いがセラピストに、そしてお客様に伝わっておりますね。お客様ひとりひとりの自分らしさを尊重できる素敵なサロンだとセラピストの方々を見ても感じます。そんな敷地さんのセラピストとしての喜びはなんですか?

  • 自分の喜びは、毎日色々な人に出会えること。その中で施術を受けて下さったお客様が、スッキリした姿や気持ち良かったですと喜びを感じ、施術後の変化が顕著に表れると本当に嬉しくなります。

 
 
━━━ セラピストにしかわからない喜びですね。自分も敷地さんの施術を受けてだいぶ身体も心も軽くなりました!!同じ高知出身セラピストということで共にこの業界を盛り上げて行きましょう!!本日は本当にありがとうございました。
 

 
 
友だち追加
メンズセラピスト最新情報を配信中。